NEWS

Impact on the Asian market

Costa買収でコーヒー市場に賭けたコカコーラ

コカコーラによるCosta(UK)買収は、急速に変化する市場に追いつくためであれば・・・という企業の危機感を示した。

この買収により、スターバックスとマクドナルドの背後を追いかけコーヒーショップ業界3番目の大きなプレーヤーとなり、同時に世界のあらゆるコーヒーの消費をめぐる競争も今後激化する。

ネスレはネスカフェとハイエンドのブルーボトルチェーン両方を所有、またスターバックスのパッケージコーヒーと紅茶の独占販売権のための71億5000万ドルの契約を締結。

他方、欧州のコングロマリットであるJABは、Peet’s CoffeeやStumptownなどの小規模チェーンとコーヒーメーカーのKeurig Green Mountainを買収するという新たな動きを見せている。

彼らが見ている光景の中には世界中のコーヒーの急速な消費増、及びコーヒーショップでの複雑なオペレーションを自宅の機械として提供することができる複数の方法とツール。

市場調査によるとインスタント品種を含む世界のコーヒーの売上高は、2022年までに15.6%増加すると予測。それはソフトドリンクの売上高を上回る結果であり、各企業の大きな判断材料になると容易に推測される。

Costaにとっては、彼らのビジネスだけでは実現できないコカコーラの大規模な流通システムを手中にして株価は19%上昇。
膨らむアジアン市場の動向に大きな影響を及ぼすこととなった。

https://www.coca-colacompany.com/press-center/press-releases/coca-cola-to-acquire-costa?dlbk